「CanCam」「JJ」が凋落 女性誌売れなくなった理由

:m206: ポカポカ陽気で心地よいです :m021: ネットを見ていてなるほどな記事 :m061: :m060: を発見しました :m027: それがこちら :m097: :m097:

大手出版社の :m072: 女性ファッション誌 :m072: が軒並み「部数2ケタ減」 :m097: :m097: と苦戦している。「CanCam」(小学館)や「JJ」(光文社)が代表例だ。その一方で、「InRed」「sweet」(宝島社)など絶好調 :m096: :m096: な雑誌もある。何が「」を分けたのだろうか。
全体的に売れなくなっているならまだしも、があるとは、何が原因なのでしょうか?? (ありがとうございます :m001: )

:m034: :m172:   :m173:     :m172:    :m173: :m034:
2009年5月4日付け「文化通信」に掲載された「08年下期の雑誌販売部数」(日本ABC協会レポートから作成)によると、「CanCam」は34万6466部と女性誌のなかでは売れている方だが、前年同期比でみると24.25%減 :m097: :m097: と、大幅 :m097: に減っている :-(  また、「CanCam」に並んで女子大生に絶大な人気があった「JJ」も、同24.12%減 :m097: :m097: の10万9853部。JJは「お嬢様系ファッション」を得意とし、ひと頃は「合コンでモテるスタイル」としてもてはやされていた。  「MORE」(集英社)は同比10.56%減 :m097: :m097: の35万2097部、「non・no」(同)も同比15.12%減 :m097: :m097: の25万8648部、「with」(講談社)は同比11.06%減 :m097: :m097: の33万2410部と、大手出版社の女性誌はほとんど2ケタ減だった。   その一方で、「InRed」は107.22%増 :m096: の23万4583部、「sweet」は65.11%増 :m096: :m096: の31万9364部、「spring」(宝島社)は37.58%増 :m096: :m096: の24万867部と、「雑誌不況」をものともしない絶好調ぶりを誇っている。 毎号、ブランドとコラボした付録がついていることでも人気を呼んでいる。 (中略) 出版業界の調査機関、出版科学研究所の研究員は、大手出版社の女性誌が売れなくなった理由について、こうみている。 「クライアント(広告主)よりの昔ながらの雑誌作りをしているからですよ。 この春はコレがはやる、秋はアレがくる、みたいな企画をやっていますが、クライアントが売りたい商品と企画をくっつけただけ。 高額商品が売れたバブリーな時代にはそれでもよかったのですが、バブル崩壊で景気が悪くなり、消費者の生活スタイルや嗜好が変わりました。旧来型では売れなくなったんです」

:m034: :m172:   :m173:     :m172:    :m173: :m034:
この記事を読んだ時に先日訪れたなんで屋露店で展開されていた  「仕事で成果を上げるには??」 が浮かびました。 みんながまだ貧しくて欲しい物がいっぱいだった頃は、物は作れば売れる時代だった。けど今はものも行き渡っているので、人々の欠乏にあったものしか売れなくなってきている。 みんなの期待はなにか?=みんなはどんな状況に置かれているのか? そこを追求し、答えを出していける企業だけが生き残っていく :tikara: 上の雑誌の事例も、同じことが言えるのでは、ないでしょうか?? :m045: :m135:  仕事とは相手の期待「以上」に実現していくこと :m045: :m135: ‘感度’が成果を規定する時代