6/29より新作カードが販売されます☆+゚

久しぶりに新作カード発売のご紹介です :m001: m12%20kosumosu.jpg    m12%20rurimaturi.jpg 6/29から全露店&ネットで販売します :m063: このカードが生まれた背景は… :m022: なんで屋露店の店主さんのこんな発信 :m061: :m060: から発売が決定しました :m147:

:m043:カードが発売されるまでの背景 :m044: :-) :m066: 4月・5月の露店を通じて、 「いい男の条件」 「いい女の条件」 「仕事が上手くいく条件」に対する路上の反応が変わりました :m158: それらのカードに対する反応が総じて高まり :m096: 、 昨年より大判カード(A4,A3)が売れ、購入者層とその意識はこれまでと異なっています。 この変化には弱いながらも深い可能性を感じて印象に残っています :tikara: 特に「いい男の条件」「いい女の条件」のカードは、 これまでも興味を持つ人の多いカードでしたが、 大半は若者が特定の(恋愛)対象を想定して自分や相手が「いい男」「いい女」であるには?という視点での反応でした。 今年に入ってから特に複数枚、あるいは大判のカードを買ってくれている購入者層の中心は、 20代後半から30代前半の働く女性で、ちょっとしたやり取りの間にも活力や充足している雰囲気が 感じられる、ちょっと「いい女 :m021: 」という印象の女性達です :m030: いい男カード :tikara: を… 「会社に貼ろうと思って :m001: 」「職場で配る :m026: 」 仕事カード :m034: :m071: を… 「仕事はチームでするものだから言葉にピンと来た :m051: 」                「以前可愛いカードを買ったけど、                今はもっと厳しい言葉のカードを会社に貼りたい :m021: 」 カードを買う際に、そうした事を話してくれる彼女達の視線の先にいるのは職場の男達。 彼らに対するいい男期待、闘争期待をカードに込めていたようで、 対象がプライベートの特定対象ではなくなっています。 場と意識のズレを孕んだまま、最近は経済も悪化する中で男達は日々の仕事に 悪戦苦闘しています。 女性達もこの状況下、私権追求の目的意識だけで男達に伍して、 或いは準じて仕事に携わる事は、男達以上に役割不全や非充足を感じる事と思います。 一方で本源収束の潮流は強まっているものの、既存の闘争集団の厳しい現状の中で 日々それなりに活力をもって活動して充足し、更には集団の仲間達が上手くいく為に、 充足していく為にと考え及び、皆に期待を込めて カードを買っていった女性達 :love: 非常に感覚的ですが、露店を通じて、 こうした女性達が各職場の雰囲気を変えながら、 潜在思念が捉えた可能性の実現へと集団を導く羅針盤ともなるのだろう という感覚を抱かされ、 いい女発、闘争集団からの集団再生の萌芽を感じました :m162:

:m034: :m072: :m034: :m072: :m034: :m072: :m034: :m072:

このようになんで屋露店のカードは路上のみんなの意識からできています :m027: :m027: 露店に立ち寄ったら、店主さんに“なんでこのカードが出来たんですか? :m193: ” と言葉が出来た背景も聞いてみてくださいね☆+゚