西洋的マナーと日本的作法の違い☆+゚

テーブルマナー? どうも :m034: あこりんです :m030: 『西洋的マナー』 :m034: 『日本的作法』 :m023: 似ているようで、根本的に違うってご存知でしたか? 今日は、そんなマナー作法のちがいについてご紹介します☆ どこが違うか、みなさんご存知ですか :roll: :m052: 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

:m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020: >日本人は、多様な形の人間の交流の中から日本的品性を身に付けていった。 親子、近隣、職場などの違った人間関係の場で、 その場面に合った行動が必要とされたのだ。 目上や格上の人間に対する時と、目下や格下の人間に対する時とでは、 異なった動きをとらねばならない。 日本人は、さまざまな人間集団の中で相手に最も心のこもった接し方 :m034: をしようと努めた。 このことが日本独自の礼儀、作法を育てていった。 そして、それを身につけた日本人に、ある種の品性をもたせた。 (中略) >西洋のマナーの概念は「やってはならないこと」 という意味あいに近いものである。 「このようなふるまいをすれば、相手に危機感を与える :m004: 」 こういった考えから、さまざまなマナーがつくられた。 握手は、自分の利き手をさし出して武器をもっていないことを示すものであった。 欧米ではかつて、通りがかりの女性に見境もなく手を出す男性が多くいた。 そのために、自分が安全な男性であることを示すためのさまざまな作法が生まれた。 レディファーストがそれである。 ( 『「型」と日本人 』武光 誠 / 『西洋的マナーと日本的作法は違う』 より ) :m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020:

友好の証のように見える“握手”も実は、 “武器を持っていないことを示すため”ってご存知でしたか? テーブルの上に手を出しておくのも、同様に、 武器をもっていないことを示すためだと聞いたことがあります。 「やってはならないこと」を規律化していった、西洋の文化と 相手に最も心のこもった接し方 をしようと努めた、日本の文化 何か、根本からの違いを感じますね。