みんなをやる気にさせる提案の仕方♪

少し秋らしさも、出てきましたね :m072:

leaf_1.jpg

今日は私のお気に入りのブログ :m045: :m135: :m021: 男と女のナイショ話 :m021: でステキな記事を見つけたので、引用します♪ 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

   :m143:   :m034:   :m143:   :m034:   :m143:   :m034: みんなを充足の方向に導いていってくれたEちゃんのお話☆ サロンで「充足」や「期待」という言葉を知ってから、大学やサークルでも、 「どうやったらもっと皆が充足できるんだろう :roll: ?」 「どう期待したらうまく行くんだろう :D ?」 ってことを考えられるようになったそう :m034: そして、そういうのを考えながら、実践する中で、 ちゃんと変化と成果を感じられたエピソードを教えてくれました :m024: Eちゃんが入っているサークルは、12人の選手が必要なスポーツ。 結構な大人数なので、経験のある2回生~4回生だけでは足らず、経験の少ない1回生もメンバーに加えないといけないことに。 そこで、4回生が行ったポジションの割り振りは・・・。 「Aさんは、○○しかできないから、ここだね :m097: :m097: 」 「Bさんは、○○が苦手だから、ここしかないね :m097: :-( 」 と、消去法的な選定・・・ これでは、指名された方もやる気が出ない :m051: と思ったEちゃんは、 4回生に対して 「Aさんは、○○が得意 :m027: だから、ココを任せたい :m020: 」 「そういう決め方の方が、本人もやる気になってもらえるんじゃないですか?」 と提案したそうです :m021: そして、なんとそういう期待の仕方に変えると、1年生も やる気になって、一生懸命練習したりして、みんなの期待に応えようと頑張ってくれたそうなのです :m096: Eちゃんはそれがほんとに嬉しく :m027: て、4回生もその様子を見てやっぱりこっちの方がいいんだ :m034: ってわかってくれたそうです :m034:    :m143:   :m034:   :m143:   :m034:   :m143:   :m034: 同じことを伝えるのでも、充足可能性発で伝えるのかどうかで、 周りのやる気も全く違ってきます :m027: “こうしたら成果が上がりそう :D :m022: ” “こうしたらみんな、元気になりそう :D :m096: ” みんなが求めている“こうしたい!”に一歩でも近づく発言をしていく事が、 実現に近づける方法です :m021: