お互い充足していられるのは?

おしゃべり☆.。.:*・° こんにちは :m034:  あこりんです :m030: 日々、おしゃべりして職場でも元気な女の子たち :m023: こうやって充足していられるのも、周りの方々のおかげだなぁ~っと実感します :m034: だって、周りの男の人がどうに対して捉えてくださっているかで、こんなに職場の雰囲気って違うんです :m030: 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

:m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020: 「女達の活力源は何でしょう?」という質問に、 「おしゃべり」と答えた男の人 :m034: 女は、いろんな場所でおしゃべりしながら、みんなと意見を擦り合わせ、情報を交換し、より充足を深めている。 その女達の安心基盤が活力源となっている、と答えていた。 一方、対照的だったのが、この間たまたまお話する機会があり喋った大手金融会社に勤めている男性。 「職場でおしゃべりをする女性がいて、こちらは仕事をしているのに腹が立つ」と言われていた。 前者は女の役割を理解し、肯定し受容れてくれている :m034: のに対し、後者はあまり職場の雰囲気もよくなく、ギクシャクして成果も上がらない場になっているのではないかな~ :m002: と感じた。 何であれ活力を生み出せたものが勝ち☆ >私権時代固有の否定の空気(隙あらば相手を倒して利益を得る)から肯定へと空気を転換する必要がある。そのためには、女の充足性・肯定性が基盤となる。女たちから男たちへの期待発信によって男たちの活力を引き出す。女たちのプラス評価発信によって、女たちの充足が男にとって最大の充足体験・成功体験となっていく。 企業の中で、男女の役割共認を作り出すことで、活力が上げられる時代。 逆に今までのやり方では成果が上がらない時代。 男と女の役割を生かした職場づくりをするために、実感レベルで女の役割やどういう時に充足するのかを、言葉にして伝えていくことは継続課題です♪ ( 『男女の役割を生かした場づくりで、成果は上がる』 より) :m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020:

こうやって思うと、おしゃべり出来る :m034: って、すごく幸せなことですね :m023: 周りのみんなに感謝して、職場でもいい雰囲気をつくれるようにがんばります :m030: