職場の男性が女性に期待してくれていること♪

ある女の子が“女として働くってどういうことだろう :m050: ”という疑問をだしてくれました :m021: %E8%81%B7%E5%A0%B4.jpg きっと男の人のほうがわかってくださっている:m027: ということで、いい男にヒアリングしてみました :m001: 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

:m021:    :m021:    :m021:    :m021:    :m021:    :m021: 勝つためには、勝ち筋を示してみんなを引っ張っていったり、調べつくし、あらゆる存在に想いを馳せて、戦略を立てたり、時には駆け引きをしたり、全ての体力を使い果たしたり…。 女は到底敵わない、男が活きる領域がある。 それを、女が「男の人と同じ仕事内容(職種)だから :m004: 」 「男の人と同じ指標を担っているから :m002: 」 「私は仕事が出来るから :m049: 」などの理由で、「男の人と同じよう(方法や成果)にやるべき :x 」「評価軸はそれだけ :m051: 」と決め込めば、女が活きない :cry: なぜならば、男と同じようには、男でない限り不可能だから。 それに、男と同じようになろうと頑張っても、そこそこ出来る男と同程度で、男を突き抜けることは不可能だから :m001: やはり、どんな場面にも、女には女の役割がある。 女にとっては特別でもない、場の雰囲気を支える、気持ちのよい挨拶や明るい笑顔 :m072: 、タイミングを掴んだ声かけ :m037: 。 「こんな風にしてもらったら嬉しいな :m023: 」とか「こうしてみたら、これもいいなって思ってくれるかも :m027: 」などの閃きや、女ならではの視点、充足イメージ。 これらも、男は敵わない、女が活きる領域だ。 女は、「女の役割を担ってほしい :m026: 」と期待してくれている男の人たちに感謝し、 “女である”ということを実現基盤に、充足可能性を感じる方向へと進んでいけばよい :m051: 充足が活力を生み、活力が成果を生む時代。 男が女に期待している、「女(=充足発)ならではの成果の上げ方 :m034: 」があるのだ。 男は女に、「女(=充足発)ならではの成果の上げ方」を期待している。 :m021:    :m021:    :m021:    :m021:    :m021:    :m021:  

:m283: 参考投稿 女の役割を期待し、評価してくれている男の人たちに感謝☆+゚ 男の人たちは、“女の感覚”を大事にしてくださっているんですね :m096: :m096: そんな男の人たちに感謝して、女を磨いていきましょう :m027: