グランドセオリーおすすめの読み方☆

グランドセオリーのvol.10が発売されました :m027: s_gt10.jpg :m259: 金貸しが支配する世界経済の行方 :m259: 今回のグランドセオリーは… 2007年には市場の成立過程から市場の構造を解明し、その後も2008年リーマンショックや2009年イタリアの13兆円事件から金貸し支配の実態を追求し、続いて歴史を遡って闇勢力の支配構造を解明する中で、経済情勢の予測を繰り返してきた。  今回の「GRAND THEORY vol.10」では、上記の「なんでや劇場」での議論の内容をレポートしたブログ記事を中心に紹介しています。 この新しいグランドセオリー :m051: もっともっと経済について理解できる おすすめの読み方があるんです :D :m001: 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

それは、 GT4(経済破局)→GT8(戦争)→GT10(世界経済) と順番に読むことです。 :m282: GT4(経済破局)では… s_gt4.jpg ⇒経済って何?紙幣や銀行の仕組みなど、「市場と金貸しの原理構造」を :m027: :m283: GT8(戦争)では… s_gt8.jpg ⇒さらに人類史を遡り、近代市場につながる「私有意識発生」の経緯から歴史構造を :m029: :m281: GT10(世界経済)では… s_gt10.jpg ⇒もっと現在的な経済にスポットをあてて、「世界経済の実態」を明らかにしています。事実を追求し、新たな認識を生み出していくための「頭の使い方」を :m026: について追求されています :m027: 市場の仕組みを理解し、人類の意識構造に迫り、そして今の状況を読む :m051: この3冊を読んだら、経済について詳しく :m022: そして、自分でも考えられるようになりますよ :m021: :m021: ぜひお試しください :D :m001: