人事異動の季節が近付いてきましたね☆+゜

みなさん、こんにちは:m021: 早いもので、もう2月~ :m083: :m004: うちの会社では、そろそろ :m148: 人事異動 :m149: の気配が漂っています :m034: %E3%81%86%E3%82%81.jpg 同じ部署の後輩が異動することになった方が、 後輩に教えてもらったこと :m208: を投稿して下さってましたので、ご紹介します :m036: たくさん感謝 :m023: されて、期待いっぱい :m034: に新しい職場に向かうみなさん、がんばって下さいね :wink: 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

後輩が、新たな期待を受けて、部署移動になりました。 その後輩からは、たくさんの気づきをもらいました! まず、一つ目。『期待は大きい方がいい!』 一時期、「元気がないな。何か悩みでもあるのかな?」って思っていたことがありましたが、その原因は、実は「期待が足りなかっただけ」だったのです! 私自身は、「この課題は難しいからな。」と思って線引き。しかし、後輩は、そのせいで「私は、何を期待されているんだろう。」とモヤモヤ、という状態を生んでいました。 毎年入ってくる後輩たちをみていると、年々応望性が増しています。 「応えたい気持ち」が溢れています。 期待の線引きは、その応えたい気持ちに「蓋」をしていたんですね。 その線引きをやめてからは、どんどん期待に応えていって、みるみる元気に! そして、二つ目。『同じ地平で考えたいと思っている!』 「○○というやっかいな問題があるけど、それを開きだしたら困っちゃうから、私自身で何とかして答えを出していこう。」と力んでいたけど、それも違いました! そういった状況も含めて「共有したい」と思ってくれているし、「なんとか自分も力になりたい」って常に思ってくれていました! そういった線引きもやめて、今起こっている問題、困っていることetcも開きだしていくと、どんどんいい案を提案してくれたり、自ら動いてくれたりしました! そうやって彼女の応望性がみるみる開花していきました☆.:*・゚ 変な線引きは、相手の可能性に蓋をするだけなんだなと改めて実感させられました。 そういえば、私の上司もいつも「え~!私にそんなこと出来るかな!?」という期待をかけて下さいました。 そうやって常に上位の期待をかけて続けてもらったからこそ、成長できたのだと思います。とてもありがたいです。 これからの彼女の活躍がますます楽しみです♪    :m216:    :m215:    :m216:    :m215:    :m216:    :m215:    :m216:    :m215:    :m216:    :m215: 若者であればあるほど、「みんなの期待に応えたい :m030: 」という気持ち=応望性が高い :m106: だから、その姿勢を学ばしてもらったり :m021: 、 そのみんなをやる気にさせる能力をより活かしていったり :m021: 、 つまり、そんな若者に応えていくことでみんなの活力がググンと :m135: しそうです :nihi: また、みんなから学ばせてもらう一年になりそうですね :love: