何を実現するにも☆.。.:*・°

飛翔☆*:・°こんにちは :m034: あこりんです :m030: 何をするにも、 自分ひとりの力では、限りがあります☆*:・° それでは、 ものごとを実現するには どうしたらいいのでしょうか :roll: :m052: 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

:m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020: 当たり前だが、自分一人でできることには限りがある。 かといって、みんなで何かを実現する :m034: と言っても、思い通りに動いてくれない :m004: 、或いは全くついてきてくれない :m002: 、ということも多々ある。 (「社会を何とかしたい」という意識の高い人が悩むのもそこだろう) 一昔前とは違い、声高に何かを主張することで人が動くケースは稀であり、増してや金や地位をエサにした「アメとムチ」は無効化しつつあると言っても過言ではない。どうやってもなかなか皆が動かない、というのがこの時代に漂う閉塞感の原因の一つなのかもしれない。 ただ、その状況下で成果をあげている人や企業は確かに存在する。それらを分析してみると、『人を上手く巻き込んでいる』という共通項があることに気が付いた。例えば、人ならば相手(周り)が抱えている課題に踏み込んでいき、一緒に解決策を考えることで課題を達成する。企業ならば、企業と顧客という関係を超えて、一緒に良い製品やサービスを生み出していく「協働者」という関係を構築している。 重要なのは、 「俺がやるから付いて来い」とか 「いいもの作ったから買ってくれ」という意識ではなく、「今何を抱えているの?どうすればいいか一緒に考えていこう」「お客さんは何を求めてるんですか?喜ばれるモノを作って広げるために協力してください」という意識が成果に繋がっている点である。 つまり、今まで以上に相手に踏み込み、一緒に動くことで相手を巻き込んでいる :m030: 。更に、最初は巻き込まれる側だった人が、様々な協働作業を通じて成長することで、巻き込む側へ転向し、連鎖的に関わる人数が増え、渦がどんどん大きくなっている。それがこの時代の実現モデルなのだろう。 表層的な観念や金で人を動かす時代はとうに終焉したと言ってよい。これからは、自らが相手に踏み込んで一緒に何かを実現していく『巻き込み力』が主軸となるだろう。 そのためにも、まず周りをありのままに受け止める「肯定視」「同化能力」、そして実際に物事を実現するための力である「可能性収束力」や「共認統合力」が必要となってくる。 これまでの勝ち筋が通用しなくなった、と悩む声は多々聞こえてくるが、これからの時代に必要な能力は徐々に明らかになってきているように感じる。 ( 「何を実現するにも「巻き込み力」が必要な時代」 より ) :m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020:

どんどん人と関わって巻き込んでいく☆ 相手にやる気になってもらう☆.。.:*・° そういうやりとりで、実現する時代なのだと、「巻き込み力」の可能性を感じます☆*:・° 周りのみんなの期待に、応えることでたくさんの人を巻き込んでいきたいですね :m022: