人と人とが繋がっているという感覚☆*:・°

繋がり☆*:・°こんにちは、あこりんです。 地震後、久しぶりの更新になります。 地震津波で何もかも失ってしまった…というご老人に、高校生の若者が、 「大丈夫、僕達が元に戻すから :m034: 」と言ってくれたという話を聞きました。 ものすごく、力づけられます :m102: ☆*:・° それ以外でも、この大きな流れの中で、人々の意識がより深く繋がっていく感じを感じます。 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

:m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020: 大きな時代の流れの中で、みんなの意識を統合する「インターネット」が登場し、マスコミの報道に対する批判、情報をもっと集めたいという思い、みんなを助けたいという意識の発信などが、本当に容易になったと感じます。 未曾有の大震災という悲劇の中で、人と人とがつながっているという感覚。現地の人たちには届かないかもしれないけれど、確実に、一人一人の意識は、ネット上に発信されています。 例えば、みんなで節電しよう、と誰かが「つぶやき」、「チェーンメール」が回り、マスコミの報道を待たずに、現状の状況を整理し、伝えようと、誰かが「ブログに発信し」、「掲示板に書き込み」、みんながこの危機的状況に答えを出そうとしています :m034: 。 自分ひとりでは何もできないし、プロに任せるしかないけれど、この感覚をもっているかぎり、自分たち関西人に何かができる番になったときには、すぐに動き出せるはずです。 ( 「震災後、みんなの意識が、ネットを中心に統合されていく感じ。」 より) :m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020:

みんなのために、何かできることは?と、心底から探し始めた私たち。 ひとりでは何もできない気持ちになるけれど、こういう時だからこそ、“みんな”がいてくれること、みんなと繋がれることが、ただただ有難いです☆*:・° そして、この感覚が次への可能性になるという予感がします :m102: :m034: