『ありがとう』に込められた想い☆*:・°

光☆*:・°『ありがとう☆*:・°』 震災後、ますます、この言葉が心に染みます :m102: それは、この言葉の背後にはこんな想いが込められているからかもしれません :m034: 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

:m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020: “ありがとう”“人”に向かって感謝の気持ちを伝える言葉ですが、昔の人は“海の神、山の神”など“人”以外のあらゆる物事にも“ありがとう”の気持ちを抱いていました。 “ありがとう”には“有り難い(=おこり難い)”ことへの期待の念が込められています。厳しい飢えの圧力に晒されながら、恵みを与えてくれる自然(海や山)への絶えざる期待視。この期待視があってこそ、飢えをしのげた(=“有り難い”)ことへの感謝の念が湧起こるのだと思います。 人類は(対人関係を超えて)充足の期待を込めてあらゆる対象を捉えることができたからこそ、厳しい自然外圧に立向かい、生存圧力を克服するまでに進化をとげてきたのだともいえます。 厳しい現実を前にあきらめず 可能性を見出そうとする意識をもちつづけている からこそ、心から言える “ありがとう”。 そして“ありがとう”はまた、さらなる期待への出発点になるのだと思います。 ( 『“ありがとう”で期待回路を再生する』 より ) :m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020:

厳しい現実を前にあきらめず、可能性を見出そうとする想いから生まれるありがとう☆*:・° その想いで、社会をいっぱいにしたいです :m102: