若い女性が子育てを担っていく

僕が北海道の大学に通っていたとき、近くの農場に住み込みバイトをしたことがあります。その農場はとにかくどデカく、北海道でも1、2を争うくらいの広さで、毎年人手が足りなくなる時期に、道内の大学生を対象に住み込みバイトの募集をしていたので、同じ大学の友人達(男女共)と一緒に参加したのです。

 そこでは、男と女で明確に役割分担がなされていて、男は農家のおじさんの指導のもと畑を耕したり、工具の手入れをしたりして、女は働く男達に食事作りや農家の子供の世話という役割が与えられていました。

 その体験を通じて、農業の楽しさや共に生活するということの重要性など多くのことを学んだのですが、その中でも大きな驚きが、子供をあやす女性がとてもいきいきしている姿でした。
 子供たちに見せる顔が、普段学校では見せることがない優しく柔らかな表情で、何かプチお母さん(?)といった感じで農業を後方から支えてくれました。

 決して派手な役割ではなかったと思います。でも、こんなにも充足した彼女らの表情をみて、育児や食事作りなど女性としての役割を担うことが、とても大きな充足体験となることをしみじみと感じると共に、彼女らの女性として強さを感じました。


>構造認識をまだ知らず個人主義でしか子育てを捉えられない多くの人たちが共同保育に向かっていけるためには、「みんなと一緒に実現に向けて行動したら、そっちの方がずっと楽しい」という経験をまず体験してもらえたら、早いのではないだろうか?(97826)


 僕もそう思います。
 都会の核家族で育った今の若者達にとって、生産の場と生殖の場が包括された場を体験することはほとんどありません。

 特に子育てとなると、十分な充足体験を積むことなく突然一人で担うことになります。

 若い女性達が、子育て(共同保育)の一役を担う体験を積むことで、子育て=女性の充足源という本来の役割充足を生み出し、充足できる子育てさらには共同保育への道を切り開くのではないかと思います。

 

deck