変化には充足が隠れている!!

今日は、お産の「早産」や「逆子」について勉強しました。

「早産」や「逆子」(「骨盤位」とも言います♪)と診断されたら、妊婦さんは「難産になるかも」「健康な赤ちゃんが生まれないかも」などと、あらぬ不安に苛まれているのが現代のお産。

でも実は、そこには大事な充足が隠れていたんです!

よく、お腹の張りを感じて病院に行く(たまごクラブとかで「お腹の張りは早産の予兆!?」と書かれていることもあるみたいです。。。)と「切迫早産」と診断されることがありますが、この「切迫早産」とは、早産の危険性が高いと考えられる状態です。
何で判断するかと言うと、子宮口が開いていたり、赤ちゃんが下がってきていることが確認されると「切迫早産」と診断されます。

出血や周期的な痛みを伴う場合は別ですが、赤ちゃんの成長に合わせて、お母さんの体も変化していきます。子宮口が開いて、赤ちゃんが下がってこないと、出産は始まりません。なので、この「子宮口が開いていて、赤ちゃんが下がってきている」というのは、実は『安産』の予兆なのです。


また、「逆子」についても同様です。赤ちゃんは、お腹の中で自由に回転しており、お腹が大きくなって広がった骨盤にお尻がスポットはまってしまうことで逆子になってしまうのです。これを直す方法はいくらでもあります。(体操や逆立ちをすすめるお医者さんもいます。)
重要なことは、骨盤が広がっているという事実です。これも『安産』に向けた体の変化です♪


お産には時間がたつにつれ、いろいろな変化を伴います。その変化は異常なものではなくて、「当たり前」なのです。むしろ、その変化とは、ちゃんと赤ちゃんが成長して、ちゃんと「お産」の時間を過ごしているという証♪

こういったことを女達で共有していくことで、もっともっと多くの充足が得られるんだな~ということに気付きました☆

 

 

スガイク