子どもを「本好き」に変える、ただ1つの方法 いきなり本を読むのはハードルが高すぎる

やはり未知収束は、本能次元での欠乏に対する可能性収束だと感じます。
以下、msnニュース(リンク)より引用します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////
(引用開始)

小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには?

 約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。この連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。

(中略)

 実際、私がこれまで行ってきた3000人以上の保護者面談の中で、ご質問の多い順に挙げると、1位「うちの子勉強しないのですが、どうしたらよいでしょうか」、2位「数学(算数)ができない」、3位「本を読まない」で、読書に関しては多くの関心の的となっていました。

 しかし、そもそもなぜ、読書をしてもらいたいと思うのでしょうか。この点についても、今まで多くの保護者面談で親御さんに伺ってきました。するとその理由は、「国語ができないから」「読解力がないから」という2つに集約されています。つまり、国語や読解力を上げるために本を読んでもらいたいとお考えのようです。石山さんも、そうお考えのことだと思います。

 この点についてはっきりと申し上げると、

 「国語の成績を上げるため、読解力をつけるために、あえて読書する必要はない」

 ということです。

 私が指導した生徒に非常に本が好きな生徒がいました。その生徒は小学校の頃から本が大好きで、休み時間も本を読んでいます。当然のことながら、彼女は国語の成績は非常によかったです。特に読解問題はいつも1番で、勉強らしい勉強はしていませんが、教科書の国語の文章自体に興味があるので、内容も一度で理解し、設問にも容易に答えられます。

 しかし、その後、中学、高校へ進学し、大学受験の国語を勉強するときになって、本をまったく読まない生徒に国語の成績が簡単に抜かれていきました。このような例はたくさんあります(読解力の高め方は第9回の記事「一生ものになる、『本質を捉える頭』の作り方」を参照ください)。

 さらに、これまで私が経験してきた中で、程度の差こそあれ、次のような例もたくさんみてきました。

 たとえば、国語について心配した親御さんが、子どもに本を与え、「これを読みなさい」と言って強制した結果、ますます国語が嫌いになり、その後、活字に対して非常に強い抵抗を示しほかの教科にまで悪影響を与えた、という残念なケースもありました。

 「国語力を高めるために読む」「読解力向上のために読む」「読書感想文を書くために読む」――これらはいずれも必ずしも思った結果が出ると言えないことは、おわかりだと思います。しかし、それでも読書には非常に高い効用があるため、読書習慣のある子どもになってもらいたいという希望を捨てることはできません。そこで、これまで私が保護者の方々へ話し、高い成果が出たと思われるひとつの方法についてお話しましょう。

 それは「読書習慣の前に、まずは『調べ習慣』をつける」ことなのです。

 文章に興味のない子にとって、面倒くさい読書はハードルが高いのです。そこで、「調べ習慣」を先につけさせます。

 わからないことがあったら、調べる癖をつけるのです(小さいときからのほうが効果的ですが、子どもが中学生、高校生でも可能です)。

 決して親が手とり足とりやってはいけません。自分でやらせて、その後に、(軽い感じで)「どういうことなのか、お母さんわからないから、教えてちょうだい」と言って、子どもに説明させる方法です(親が知っていても、あえて知らないふりをするのもいいでしょう。また、子どもが小さくて自分で調べられないときは、一緒に調べていきます)。

 多くの場合、子どもは喜々としてやります。その後、子どもは調べもの好きになり、探究心が芽生え、やがて自分の興味関心以外の対象に対しても、影響の輪を広げていくようになっていきます。

 現代社会では、情報はインターネットで簡単に手に入ります。しかも画像や動画もすぐに調べられますね。ですから一昔前のように紙の辞書や百科事典で調べたり、図書館へ行ったりする必要もなく、その場で瞬間的に調べることができます。それを利用するのです。

 疑問点、知りたいという心理状態はそれほど長くは続きません。ですからすぐに調べられる現代文明の利器を使います。そうすると、子どもは写真や動画、さらに文章で書かれた活字を“読む”ことになります。そこで好奇心がさらに出てくれば、図書館や本屋へ行って興味対象の本を見てみるのです。

 私は、これが読書の入口だと思っています。いきなり読書へ関心が向くという子どもは確かにいますが、そのような子は、レアケースであると考えていいでしょう。ですから一般的には、「調べ習慣」をつけていくことが先決であろうと思っています。

 子どもは小さいときから「なんで?」「どうして?」という質問をします。子ども心にも、疑問が多々あり、それを知りたいという好奇心があります。いつしか大人はそれらにいちいち答えることが面倒になり、そのままにしていまい、やがて子どもは「聞いても仕方がない」と思い、学校でも「覚えればいいんでしょ」と考えるようになってしまいます。

 物事には背景があり、理由があります。それは時に、非常に人の心を動かす内容であったりします。日常生活の中にも、あちらこちらに“好奇心の種”が転がっています。特に子どもの周囲にはたくさんあります。

 それを少しだけ、引き出してあげることができれば、読書や読解力や学力に関する問題は一気に解決していきます。ぜひ、「なぜだろうね。どうしてかな」の次に、「調べてみよう!」という段階まで進めてあげることをお勧めします。

(引用おわり)
///////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

匿名希望