『冗談じゃない、百のものはここにある』

最近、注目を集めている幼児教育にレッジョ・エミリア・アプローチという手法がある。その創設者の一人の詩が紹介されており、その内容が考えさせられるものだ。

旧観念から脱せない大人たちが、どれだけ子供達の潜在能力に蓋をしているのか?
むしろ子供達の声に向き合うことで、大人たちも気づけるのではないだろうか。

---------------------------------
リンク
『冗談じゃない、百のものはここにある』
レッジョ・エミリア保育創設者の一人、ローリス・マラグッティの詩

子どもは
百のものでつくられている。
子どもは
百の言葉を
百の手を
百の想いを
百の考え方を
百の遊び方や話し方を
もっている。
百、何もかもが百。
聞き方も
驚き方も愛し方も
理解し歌うときの
歓びも百。
発見すべき
世界も百。
発明すべき
世界も百。
夢見る
世界も百。
子どもは
百の言葉をもっている。
(ほかにもいろいろ百、百、百)
けれども、
その九十九は奪われる。
学校も文化も
頭と身体を分け
こう教える。
手を使わないで考えなさい。
頭を使わないでやりなさい。
話をしないで聴きなさい。
楽しまないで理解しなさい。
愛したり驚いたりするのは
イースターとクリスマスのときだけにしなさい。
こうも教える。
すでにある世界を発見しなさい。
そして百の世界から
九十九を奪ってしまう。
こうも教える。
遊びと仕事
現実とファンタジー
科学と発明
空と大地
理性と夢
これらはみんな
ともにあることは
できないんだよと。
つまり、こう教える。
百のものはない と。
子どもは答える。
冗談じゃない、
百のものは ここにある。
(佐藤学訳)
-------------------------------

 

 

 

匿名希望