子育ては大変なこと

子育てというものは本来大変なこと、であるはずです。
(経験者によっては感じ方はいろいろあるでしょうが)
子供は決して自分が欲する時だけに笑顔を振り撒く人形ではありません。
取り扱い説明書を片手にボタン1つでどうにかできるものではありません。
試験みたく勉強すればパスするものでもないしパスすればよいものでもない。
親となってしまった者に課された単なるハードルなんかでもない。
子育ては義務とか責任とか仕事とか最大のイベントなんかではなく、
人生の本源的な目的であり、また本源的な欲求であるはずです。
子育てをする他の動物の多くは、一生のうちのほとんどすべての精神的・肉体的エネルギーを「子育て」に注ぎます。
しかし、進んだ知能と文明のおかげで、人間は他の動物と比べて生存すること自体に余裕が生じたために、なかなか簡単にならない「子育て」を重荷と感じるようになってしまいました。
操作方法がわからない未知なる生命体を大きくするのではなく、
一生かかって他の何よりも強い人間関係を構築していくことであり、
こどもはその対象人物なのです。

 

 

高橋智