人材育成 「江戸時代の養育法」 1/2

「叱って育てる方が良い」と「褒めて育てるほうが良い」

少し前までは「褒めて育てる方が良い」が流行っていましたが、最近は「褒めて育てる の弊害」が色々と取りざたされているようです。

「叱る、褒める」のどちらに対しても、しっくり来ないので江戸時代はどのようにしていたのかを調べてみると、年齢に応じて習得すべき中身を定めていたようです。 

【三つ心 六つ躾 九つ言葉 文十二 理十五で末決まる】

「年齢に応じた」は、明らかに脳の発達段階に応じた方法。
脳の科学的知識もさほど蓄積されていない江戸時代において、体験を持って習得していた「子供の養育法」。
現在社会でも見習うべきという思いを強くしました。

同時に、「厳しく叱るとやる気を失う」、「褒めて育てると自主性を失う」等、即、「二元論に陥ってしまう」があまりにも表層的であることに改めて気がつきました。


リンクより

・・・・・・・・・・

【三つ心 六つ躾 九つ言葉 文十二 理十五で末決まる】


現在は子育てのことを教育といいますが、江戸では子どもは養い育むものと考えて、「養育」と表現しました。教育と呼ばれるようになったのは明治になって学制が敷かれてからだそうです。

世にでてから、しっかりと世のために働ける人材となるよう、また艱難辛苦(かんなんしんく)(困難に遭ってつらく苦しい思いをすること)にも耐えられるからだと心を養ってもらいたいと願う親心で、時には厳しいしつけも行いました。

ですから鍛え育てる「鍛育」とも、からだを育てる「体育」ともいい、決して知識だけを与える教育ではありませんでした。

江戸のおとなたちは、「三つ心、六つ躾、九つ言葉、文(ふみ)十二、理(ことわり)十五で末決まる」と言って、稚児(おさなご)の段階的養育法を考えて、今でいう全人教育を実践していました。


心の糸をしっかりと張る時期 【三つ心】
人間は成育段階に、それにふさわしい育て方をしなければ、責任ある社会人にはなれません。
人より偉くなってもらいたいからと、三歳の子に天才教育で理を詰め込んだり、六歳までにしつけなければいけないことを十二歳になって始めても身につかないものです。
 「鉄は熱いうちに打て」といいます。人間も相手の状況を見極めながら、段階を踏んで打っていくことが大事だと、江戸の人は考えました。江戸のおとなたちは自分の子にも、よその子にも、その心で接していたといいます。

町衆たちは、人間は頭(脳)とからだと心のみつからなっていると考え、心を、頭と体を結びつけるマリオネットの操り糸のようなものと考え、数え年の三歳までに、この見えない糸をしっかり張らねばならないと考えました。糸は一日一本として、三年で約千本を張るつもりで、親ならだれもが心がけよ、というわけです。

糸で頭と体を操る、これが心の役割です。目つき、表情、ものの言い方、身のこなしなど、わが身からしぐさになって出るものすべて、この心がコントロールするのだということを子どもに悟らせました。
心がなければ木偶(でく)の坊(ぼう)と同じで、人間ではないと思われていました。「三つ子の魂百まで」のたとえが生まれたのも、こうした背景があったからでしょう。

心は目には見えませんが、しぐさになるとだれの目にも明らかです。しぐさには、その人の心のありようが表れます。それほど江戸の人は心の育ちを第一に考え、親やおとなのしぐさを見習わせました。

三歳児は海面が水を吸うようにさまざまなことを理解していきます。誰に教えられなくとも、良知良心をもっています。この時期にこそタイムリーに人間性を養い育むことが重要なのです。これが「三つ心」ということです。


○トレーニングで身につける時期 【六つ躾】
数え年の六歳までには、からだと頭(脳)を結ぶ糸の上手な動かし方を、手トリ足取りまね(学び)させます。教えるのではありません。お母さんやお父さんがすることを、ひたすらまねさせるのです。人とのあいさつや対応、迷惑をかけないしぐさや親切、ごはんの食べ方、箸の使い方、履物の脱ぎ方など、日常茶飯事のしぐさを、身につけてくせになるまで、繰り返し繰り返し行わせて、自然にそのしぐさがでるようにします。

-略-

・・・・・・・・・・
続く



加藤俊治
「叱って育てる方が良い」と「褒めて育てるほうが良い」

少し前までは「褒めて育てる方が良い」が流行っていましたが、最近は「褒めて育てる の弊害」が色々と取りざたされているようです。

「叱る、褒める」のどちらに対しても、しっくり来ないので江戸時代はどのようにしていたのかを調べてみると、年齢に応じて習得すべき中身を定めていたようです。 

【三つ心 六つ躾 九つ言葉 文十二 理十五で末決まる】

「年齢に応じた」は、明らかに脳の発達段階に応じた方法。
脳の科学的知識もさほど蓄積されていない江戸時代において、体験を持って習得していた「子供の養育法」。
現在社会でも見習うべきという思いを強くしました。

同時に、「厳しく叱るとやる気を失う」、「褒めて育てると自主性を失う」等、即、「二元論に陥ってしまう」があまりにも表層的であることに改めて気がつきました。


リンクより

・・・・・・・・・・

【三つ心 六つ躾 九つ言葉 文十二 理十五で末決まる】


現在は子育てのことを教育といいますが、江戸では子どもは養い育むものと考えて、「養育」と表現しました。教育と呼ばれるようになったのは明治になって学制が敷かれてからだそうです。

世にでてから、しっかりと世のために働ける人材となるよう、また艱難辛苦(かんなんしんく)(困難に遭ってつらく苦しい思いをすること)にも耐えられるからだと心を養ってもらいたいと願う親心で、時には厳しいしつけも行いました。

ですから鍛え育てる「鍛育」とも、からだを育てる「体育」ともいい、決して知識だけを与える教育ではありませんでした。

江戸のおとなたちは、「三つ心、六つ躾、九つ言葉、文(ふみ)十二、理(ことわり)十五で末決まる」と言って、稚児(おさなご)の段階的養育法を考えて、今でいう全人教育を実践していました。


心の糸をしっかりと張る時期 【三つ心】
人間は成育段階に、それにふさわしい育て方をしなければ、責任ある社会人にはなれません。
人より偉くなってもらいたいからと、三歳の子に天才教育で理を詰め込んだり、六歳までにしつけなければいけないことを十二歳になって始めても身につかないものです。
 「鉄は熱いうちに打て」といいます。人間も相手の状況を見極めながら、段階を踏んで打っていくことが大事だと、江戸の人は考えました。江戸のおとなたちは自分の子にも、よその子にも、その心で接していたといいます。

町衆たちは、人間は頭(脳)とからだと心のみつからなっていると考え、心を、頭と体を結びつけるマリオネットの操り糸のようなものと考え、数え年の三歳までに、この見えない糸をしっかり張らねばならないと考えました。糸は一日一本として、三年で約千本を張るつもりで、親ならだれもが心がけよ、というわけです。

糸で頭と体を操る、これが心の役割です。目つき、表情、ものの言い方、身のこなしなど、わが身からしぐさになって出るものすべて、この心がコントロールするのだということを子どもに悟らせました。
心がなければ木偶(でく)の坊(ぼう)と同じで、人間ではないと思われていました。「三つ子の魂百まで」のたとえが生まれたのも、こうした背景があったからでしょう。

心は目には見えませんが、しぐさになるとだれの目にも明らかです。しぐさには、その人の心のありようが表れます。それほど江戸の人は心の育ちを第一に考え、親やおとなのしぐさを見習わせました。

三歳児は海面が水を吸うようにさまざまなことを理解していきます。誰に教えられなくとも、良知良心をもっています。この時期にこそタイムリーに人間性を養い育むことが重要なのです。これが「三つ心」ということです。


○トレーニングで身につける時期 【六つ躾】
数え年の六歳までには、からだと頭(脳)を結ぶ糸の上手な動かし方を、手トリ足取りまね(学び)させます。教えるのではありません。お母さんやお父さんがすることを、ひたすらまねさせるのです。人とのあいさつや対応、迷惑をかけないしぐさや親切、ごはんの食べ方、箸の使い方、履物の脱ぎ方など、日常茶飯事のしぐさを、身につけてくせになるまで、繰り返し繰り返し行わせて、自然にそのしぐさがでるようにします。

-略-

・・・・・・・・・・
続く