すべての子供は勉強したい気持ちがある

我が子が自分から進んで勉強するような子供だったらいいと誰もが思います。でも現実は宿題はできるだけ先延ばしにする・・・など、勉強が好きな子供なんていないよね、とも思いがち。
それは本当でしょうか?

リンク
Happy LifeStyleさんの
「考える力」のある子供に育てる30の方法
より紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めに最も知っていただきたいことがあります。
多くの人が誤解していることです。
「みんな、勉強が嫌いだ」という誤解です。
勉強なんて、ほとんどの人が嫌いだと思いますが、そうではない。
机に向かって詰め込み型の勉強を想像しがちです。
子供が勉強したくないのは、嘘です。
すべての子供たちは「勉強がしたい!」という熱い気持ちがあります。
もし子供が「勉強したくない」と言うなら、子供の勉強への姿勢を邪魔しようとする親がいるだけです。
本来、子供は勉強がしたくてたまらない。
その証拠があります。

たとえば、あなたのお子さんは、こんなことを言いませんか。
「これなに?」
「その黒い箱は何?」
「あの空に浮かんでいるものは何?」
さまざまなことに興味を持って、親に尋ねますね。
自分から「これ何?」と聞いてきたことは、言い換えれば「これについて勉強がしたい」と言っているのと同じです。
自発的に勉強しよう、勉強したい気になっている、なによりの証拠です。

しかし、問題なのはその後です。
子供が「これなに」と言ってきたとき、親の対応は2種類に分かれます。

1.「子供は気にしなくていい」などと言って、質問をごまかす親
2.「これはね」と言って、質問を丁寧に応える親

ここで、子供の考える力が変わります。
この2種類の対応によって、子供の行く末がまったく異なります。
「子供はそんなこと気にしなくていい」というのは、子供に「勉強するな」と言っているのと同じです。
親が「そんなこと気にするな」と言うと、子供は「勉強はしなくていい。勉強は悪いことなのか」と思い、勉強しなくなります。
勉強しようとする子供の気持ちに、泥を塗っています。
一方、子供の何気ない質問に丁寧に答える親の対応は、子供が考える力を伸ばしています。
子供が興味を持っていることですから、親からの説明に対しても吸収が早い。
分かるようになると、子供はもっと勉強が面白く感じるようになる。
自分から進んで勉強するようになります。
こういう親に育てられると、子供はすくすく育ちます。
子供の考える力を左右するのは、子供ではなく、実は親なのです。

「考える力」のある子供に育てる方法 その1
子供の質問に、応える

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当の勉強は、日頃の「何?」「なぜ?」から始まるということなのですね。
確かに、子供から「○○ってなに?」
と聞かれたことを説明しようとすると意外に難しいなって思うことが多いです。
親も一緒に勉強してしまうといいのかもしれませんね。



がらがらどん♪