親がやりがちな「餌で釣る」という子育て方法が、子供をダメにする話 2

つづきです。

リンク)より引用

--------------------以下引用--------------------


■なぜ「餌で釣る」のはいけないの?

 僕はイルカや娘を、行動分析学というものを用いて教育しています。

ざ~っくり言ってしまうと、イルカも子供も褒めて、褒めて褒めちぎって育てています。

その褒める手段として、ご褒美を使います。ご褒美はイルカで言うと、餌だったり、体を触ることになります。人間でいうと、お菓子をあげたり、抱っこしたり、ゲームやおもちゃで遊ばせるということになります。

----------------------------

■餌を出すタイミングが重要

 ご褒美は、出す(子供に与える)タイミングがとても重要なんです。

このタイミングを間違ってしまうと、イルカも子供も、間違ったことを教育されてしままいます。

ご褒美を出すタイミングは、必ず良い行動の直後でなければなりません。

良い行動とは、イルカや子供にしてほしい行動です。ジャンプしたり、泣き止んだり、宿題をするということです。

ご褒美が、ジャンプした直後や宿題した直後に出されれば、それらの行動は繰り返されるようになります。逆に言うと、ご褒美が出される直前の行動が繰り返されるということになります。

----------------------------

■餌で釣る状態はどうなっている?

餌が目の前にぶら下げられるということは、どういうことでしょうか?

これは、まだイルカがジャンプしていないのにも関わらず、ご褒美が先に出されることになります。

と、言うことは、ご褒美の直前の行動が繰り返されるため、ジャンプしていない行動にご褒美をあげる、ということになります。

人間の場合は、まだ泣き止んでいない、宿題をしていないのに、ご褒美をあげていることになります。

じつは「抱っこしてあげる」とか「何かを買ってあげる」と宣言することは、本人にご褒美を出していなくても、それだけでご褒美をあげたのと同じ状態になってしまうのです。

つまり子供はご褒美をまだ手にしていない状態でも、ご褒美を受け取ったと感じるのです。

子供が言うことを聞かないときに、ご褒美を目の前にチラつかせることは、子供からみたら直前の行動が褒められたと感じているのです。

----------------------------

■餌で釣ると子供はどうなるのか?

ご褒美の直前の行動が繰り返されますので、泣き叫ぶ子に「泣き止んだら、お菓子あげるよ」と言うと、泣き叫ぶことが繰り返されてしまうだけです。

子供の考えていることを代弁すると、
•泣け続ければ、お菓子がもらえるようになる
•お菓子がほしけりゃ、泣けばいい
•ゲームができる約束を取り付けるまでは、宿題をしない

となってしまうのです。

一見すると子供が泣き止んだり、宿題するようになるので、教育ができているように見えるのですが、実際は、子供はご褒美が出されるまで何もしなくなるようになっているのです。そしてご褒美が出て、はじめて行動をするようになってしまうのです。

そんなお子さんいないですか?お菓子をあげればおとなしくなるけど、あげなければ異常なほど泣き叫ぶ子供。

ご褒美をあげるタイミングがまちがっているので、こうなっちゃうんですね。

----------------------------

■では、どうすればいいのか?

とても簡単です。

泣き叫ぶ子供や宿題しない子どもには、その時点でご褒美をあげなければいいのです。さらに、ご褒美があるかないか、わざわざ伝える必要はないのです。

そして、もし子供が泣き止んだらその直後すぐに、ご褒美をあげればいいだけなのです。宿題をやったらその直後に、ゲームをさせてあげればいいのです。それだけでいいのです。

そしてご褒美には、こんな法則もあります。

「なにが出されるかわからないほうが、より行動が繰り返す」

というものです。

だから、わざわざ事前にご褒美の内容を伝えるということは、とてももったいないことなんです。

----------------------------

■まとめ

いかがでしたか?

イルカも子供も、餌で釣ってはいけません。良い行動の直後に、褒めてあげればいいのです。

特に、すぐ駄々をこねるお子さんや、宿題をやらないお子さんをお持ちの親御さんは、今一度ご褒美をだすタイミングを見直してみてはいかがでしょうか?

(おわり)

--------------------引用終了--------------------




松下晃典