「緩まないネジ」を開発した道脇裕氏の子育て

「緩まないネジ」を開発した道脇社長、実は娘さんお父さんの血をひいており、超天才のよです。9歳ということですが、現時点で様々な発明をしており、中には特許申請中のものもあるようです。

そんな道脇氏の天才を育てる子育てを紹介してくれているサイトを紹介します。
リンクより
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
○道脇裕さんの子育てって?
そんな愛羽さんを教育してきた 父 道脇 裕さんってどんな子育てしてるんだろう?どんな教育法なんだろう?どうしたらこんな天才になるの?と色々気になりますよね
そんな道脇さんの教育法ですが、なんと愛羽さんが1歳のときから始まっていたそう。
哺乳瓶を選ぶ際、1歳の娘に選ばせていたそうです。というのも、道脇さんは娘さんが生まれて間もない頃から、ひとりの人間として接してきたとのこと。そして、どうしても親は子供の上から目線になって接しがちですが、対等に接してきたとありました。
――――――――――――――――――――――――――――――――
もともと子どもの脳は、どのような環境に生まれても適応できる能力を備えています。どんな時代のどんな 地域のどんな親の元に生まれたのか、生きていくうえで必要なことを理解し なければならないし、理解できるよう になっています。逆に、その脳の性質を活用すれば、さまざまな才能を伸ばせるはずです。(出典:聖徳学院)
――――――――――――――――――――――――――――――――
こんな記述を目にし、なるほどなと思いました。子供だから分からないや理解しないだろう、と考えるのではなく、子供だからできると、信じてあげる事も大切なのかなと思いました。そんな道脇さんの教育方法はほんとに勉強になることばかりですし、今息子が居る私にとっては目からウロコですね。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□




蔵端敏博