赤ちゃんは語学の天才~生後半年までの赤ちゃんは世界中の言語を聞き分ける②

05:07
ここで目にしているものによって 私たちは臨界期に対する考え方を変えつつあります 私たちは数学的な観点から 分布の安定にともない 言語の学習が ゆっくりになると見ています そうするとバイリンガルな人について疑問が沸いてきます バイリンガルな人は2つの統計のセットを保持していて 誰と話しているのかに応じて 切り替えていると思われます


05:32
そこで赤ちゃんは 新たな言語に対しても 統計処理ができるのかと考えました それで第2言語に接したことのない アメリカ人の赤ちゃんを 臨界期に 初めて中国語に触れさせる実験をしました 台北とシアトルの モノリンガルの子どもを 中国語の音でテストすると 同じパターンになるのは分かっていました 生後6〜8ヶ月では違いが見られません 2ヶ月たつと驚くべき変化が起きます 台湾の赤ちゃんは成績が上がり アメリカ人の赤ちゃんは下がります 私たちがしたのは この期間にアメリカ人の赤ちゃんを 中国語に触れさせるということです 中国語を話す親戚が1ヶ月ほど家にやって来たかのように 中国語で赤ちゃんに話しかける 12回のセッションを行います 実験室での様子をご覧ください


06:13
(中国語)


06:35
私たちはいったい 赤ちゃんの小さな脳に 何をしたのでしょう? (笑) 単に実験に参加するだけで 中国語スキルが向上するのではないと 確認するための 対照群も用意しました こちらのグループには英語を聞かせます グラフから 英語に接しても 中国語の成績は上がらないと分かります しかし12回に渡って中国語に接した 赤ちゃんの方は どうなったでしょう? 10ヶ月半ずっと中国語を聞いてきた 台湾の赤ちゃんに劣らぬ良い成績になったのです 赤ちゃんは 新たな言語に対して 統計処理をするということが分かります 何語であろうと 赤ちゃんは接した言語を統計処理するのです


07:09
この学習の過程で 人間の果たす役割は何かという 疑問を持ちました それで別なグループの赤ちゃんに 同様の12回のセッションを テレビを通して行い また別なグループには クマのぬいぐるみの映像を見せながら 音声だけのセッションを行いました それで赤ちゃんの脳に何が起きたのでしょう? これが音声だけの場合の結果で 学習効果は全く現れませんでした そしてビデオの場合も 学習効果は全く見られません 赤ちゃんが統計処理をするためには 本物の人間の存在が必要なのです 赤ちゃんがいつ統計処理をするかは 社会的な脳が制御しているのです


07:48
赤ちゃんが人の前にいるときと テレビの前にいるときでは いったい何が違うのか 脳の中を覗いてみたくなります ありがたいことに 脳磁図(MEG)と呼ばれる 新しい装置を使うと それができます 何か火星の美容室みたいですが 全く安全で 全く非侵襲性の 静かな装置です 長さに関して ミリ単位の精度があり ミリ秒という間隔で 306個の SQUID つまり 超伝導量子干渉計を使い 思考に伴う磁場の変化を 見ることができます 私たちは世界で初めて 学習中の赤ちゃんに対する MEGによる記録を 行いました


08:33
これはエマちゃんです 生後6ヶ月です イヤホンを通して様々な言語を 聞いているところです 赤ちゃんは自由に動けます 帽子の中の小さなペレットで データを取っているので 赤ちゃんはまったく不自由なく 体を動かせます 技術的に大変良くできています これで何が見えるのでしょう? 赤ちゃんの脳を見ています 赤ちゃんが自分の言語の単語を聞くと 聴覚領域が明るくなり それから その周囲の領域が明るくなります これは脳の異なる領域を協調させる結合と 脳のある領域が 別な領域を活性化させる 因果性を示すものだと考えています

09:14
私たちは 子どもの脳の 発達に関する知識の黄金時代を 迎えようとしています 子どもが感情を体験したり 話すことや読むことを学んだり 数学の問題を解いたり アイデアを思い付いたときの 脳の様子を見られるようになります 学習障害のある子どもの脳に作用する 補助装置の発明だってできるでしょう 詩人や作家が称えたような 子どもが持つ 開かれた心の秘密を 純真な開かれた心の秘密を 解き明かせるだろうと思っています 子どもの脳を調べることで 人間であるとは どういうことなのか 深い真実を見いだせるでしょう そしてその過程で 私たちもまた 学びに対して開かれた心を 生涯保てるようになるかもしれません



匿名希望