親のタイプから考える子育ての形①

親自身が受けてきた子育てが無意識のうちに自分が子育てする時にでてしまっています。「~しなければ」とか「~でないといけない」など強迫観念化してしまう意識を捨てて本当に子供の将来のためにどんな接し方がいいのか子育てを見直していく必要があると思います。

リンク
*****************************************************************
親のタイプから考える子育ての形 vol.13 「支配型」からの脱出6

◆「ちゃんと、きちんと、しっかり」は注意信号

日本の子育ての価値観では、どうにも「親は完全無欠の存在」であることを求めているようなところがあります。

「ちゃんと、きちんと、しっかり」

これらのフレーズが子育てのいろいろな場面で出てきます。

これは子供にも盛んに求めますが、無意識のうちに親である自分にも向け、さらには他の大人に対しても向けています。

その多くが、否定の方向で向けられます。

「あの人はちゃんとしていない」
「あの親はきちんとしていない」
「あの家庭はしっかりしていない」
「あの子はしつけがなっていない」

これらの無意識の思考がなにを生むでしょうか?

それは、他者に対して不寛容な社会です。

型にはまらない他者を否定せざるを得ない、キャパシティの狭い心を作ってしまいます。
現代の日本社会のギスギス感の一因が、ここにあるといっても過言ではないでしょう。

◆「子供はちゃんとさせなくても、ちゃんとする」

「ちゃんと」という言葉を僕は子育てのお話をするときに使わないのですが、あえて使って子供の成長を語るとしたら↑のように言えます。

子供は自分で成長する力を持っています。

しかし、その力を知らず管理、支配、干渉、過保護を強めてきてしまったのが、この一世代前、二世代前の子育てです。

別の言葉で言うとすると、「大人は子供の力を知らない」、「大人は子供の成長を信じていない」ということができるでしょう。

「ちゃんと、きちんと、しっかり」これらのフレーズが心の中でまたたきだしたら、それは注意信号です。

親はスーパーマンではないし、子供は最初からなんでもできるわけでもない、一度注意したからできるようになるわけでもない、きちんとしていないように見えるあの人もその人なり精一杯善良に生きるように努力しているがそれがうまくいっていないだけなのかもしれません。

「ちゃんとさせなきゃ」
「きちんとしなければ」
「しっかりとやらなければ」

ものすごく重要に思えているかもしれないそれらのことも、実は放って置いてすらクリアしていけることがほとんどです。

コメントの中で、食事の場面で「ここで一口でも食べさせなければ、ずっと食べられなくなってしまうような気がして躍起になってしまう」といったお話がありましたが、まあ、そう思ってしまう気持ちがあるのは否定しなくていいと思います。

でも、現実問題として言えば、その一口を食べさせたからといって食べるようになるわけでもないし、それを頑張らせなかったら一生食べられなくなるわけでもありません。

もっと極端なことを言えば、よしんばその子がその食べ物を一生好きにならなかったとしても、だからといってその人が人生の中で幸せになれないわけではありません。

オーバーなようだけれども、子育ての事象のひとつひとつというのは、長期的視野で見たらたいていのことは「なるようになること」「どうでもいいこと」なのです。

しかし、それらを教条的(「こうでなければ許さない」という考え方)に子育ての目標に据えて、それを親に従うとか反抗しているとか、本来の子育てとは別のファクターで進めてきてしまったのが、軍国主義時代の戦前・戦中から醸成され、「専業主婦の価値観」の時代を経て、現代にいたるまで続く子育ての在り方です。

 

②へ続く

 

 

 

秀凜