子供に「勉強しなさい」とだけ言うのは「死ね」と言っているのと同じ

「受験うつ」という言葉が出てくるくらい、現代のこどもたちが勉強の強制圧力によって与えられるストレスは大きい。
以下のエッセイは、妹が勉強の強制圧力によるストレスによって脳に障害を患ってしまったという方のもの。
少々過激な内容だが、今、勉強に潰されようとしている子どもたちの気持ちを如実に表しているのかもしれない。

リンク

********************************
前書き

 このエッセイは勉強について述べたものではありません。
 子供にストレスを与えることの危険性を知ってもらうことが目的であり、事実を元に問題提起、及び警告を行なっています

もちろん私も加害者の一人です。
思春期の私は自分の事に精一杯で、部屋に閉じこもった妹に目をかける余裕がありませんでした。しかし大人になった今だからこそ、分かることがあります。

悔しくてたまらない。
だから、多くの人に伝えたいことがあります。
私が持っている最大の情報発信手段を使って、文字で伝えます。

親として子供を育てている方々、いつか親になる方々。
無能な親から虐待を受けた被害者の方々。


・子供に「勉強しなさい」とだけ言うのは「死ね」と言っているのと同じ

所説ありますが、子供は何も知らない状態で生まれてくるというのが正しいです。
社会のルールはもちろん、歩き方、喋り方、簡単な言葉の意味、何から何まで知りません。

どれだけ手のかかる子であっても、適切な教育を行えば必ず立派な大人になります。


と前置きをして。
さて、子供に勉強しなさいと言い続けることの意味について説明します。

皆さん知っての通り、日本の教育は最低レベルです。
情操教育などは最上位に位置していますが、学問については最悪という他ありません。

つまり、面白くないのです。

一方で、世の中には面白い物が山ほどあります。
立派な大人達が必死に考えて、人々を幸せにする為に作り出したものです。

それが学校のツマラナイ勉強と比較になると思いますか?

子供にとって勉強は苦痛です。
大人だって、そのことを知っているはずです。

しかし大人は子供に「勉強しろ」と言います。
それは、そうしなければ社会的に不利になると知っているからです。

その通りです。とても大切なことです。
しかし嘆かわしいことに、大人はそれを教えません。

 「勉強しなさい」
 「やだ!」
 「立派な大人になれないよ!」
 「なんで!?」
 「勉強していい大学に入らないと、いい会社に入れないよ!」
 「なんで!?」
 「うるさい! いいから勉強しなさい」

最悪ですね。
この時点で殺人鬼と同じレベルです。

他にもパターンがあります。

 「宿題やった?」
 「まだー」
 「早くやりなさい」
 「あとでー」
 「さっきから後で後でって、いつやるの!? また先生に怒られるよ!」
 「うるさいなー」
 「親に向ってうるさいとは何!? 早く宿題やりなさい!」

こんなの死んだ方が良いくらいですね。
最悪です、死刑になるレベルの重罪です。

いいですか?
子供にとって勉強は苦痛なのです。

よく無駄に言葉を大事にする人がいますが、言葉は飾りで、大切なのは「意味」です。

  ごめん。
  ごめんね。
  ごめんなさい。
  申し訳ありません。
  申し訳ございません。
  この度の失態は深く反省しており、
  本件につきましては極めて忸怩たる思いがあり、

全て同じ意味です。
印象は違いますけどね。

勉強するというのは子供にとって苦痛なのです。
しかも大人が子供に勉強しろという時は、決まって子供がリラックスしている状況ではありませんか?

その状況で「ストレスを与える言葉」を子供に投げかける。これは子供にとって「死ね」と言われているのと同じです。

残酷な言葉によってストレスを与え続けられた子供は、取り返しの付かないダメージを被ります。

子供は遊びたい。
楽しいことがやりたい。

しかし親は言います。

勉強しろ。
宿題やってから。

子供の「楽しい」を徹底的に潰します。
 

では、親はどうすれば良いのか。
簡単です。楽しいことをしましょう。

本来学ぶというのは楽しいことです。
楽しくない学びは、常に間違った学びです。

 強制される義務教育なんてトイレットペーパー以下の価値しかないのだから、それを捨てて子供をストレスから救えるなら最高です。
義務教育で強制される勉強は苦痛です。
ならば大人は、その苦痛を楽しいに変えてあげる努力をしてください。

********************************

 

 

 

 

匿名希望