教育ママあるある

大人の観念、価値観発。一人で育てなくてはならないという社会構造。
子どもの為という気持ちが、空回りしてしまうのでしょうか?

-----------------------------
教育ママの失敗例・特徴・心理・子供への影響・あるある
リンク
◆果たして教育ママは、いつからなるのか
子供がお腹にいるときから英才胎教などで教育を始める人もいます。つまり、早い人であれば、子供がお腹にいるときから教育ママになっています。早い段階から教育を始める理由は、子供に良い大学に入って、良い会社に入って、良い結婚相手と巡り会ってもらうためです。これらを実現するために、熱心にインターネットを漁り読み、胎教から食事、全て試していました。子供のために教育に熱中したときから教育ママとなります。また、本人は熱中しているので、他人から言われないと、気がつかないこともあります。教育ママは教育が楽しくて仕方ないと感じています。

◆教育ママあるある
教育ママのあるあるは「子育て本、教育法の計画的に育たないと、気がすまない。」、「何冊も子育て本を、読んで読破。」、「独自の教育理論が強固になってしまっている」、「 両親が教育熱心だった」、「良い大学に入れるのが1番だと思い込んでいる」、「子育てを野菜か、花を育ててるかのごとくに捉えている」、「スネ夫のママみたいな感じで、子供に性別関係なくちゃん付け呼びをしている。」などです。
基本的には先に述べた通り、子供の将来を思っての言動が主体となっています。

◆教育ママの失敗例
教育に関する情報は世の中に溢れています。教育ママはそれらの情報を集めて、自分の子供に合いそうなものを実践します。多くの教育方法を調べては、試すので、中には失敗するものもあります。

◆スパルタ化
0歳児脳育、心を育てる赤ちゃん絵本など、赤ちゃんのときからできる教育はたくさんあります。教育ママは色々試しては、試行錯誤します。しばらく教育を続けて、子供が自分の思い描いた風に発育しないと、教育ママはイライラし始めます。
イライラした教育ママは徐々にスパルタ化していき、子供が教育についてこれなくなってしまいます。

◆正しいと思い込む
教育ママの中には独自の教育論を持っている人がいます。また、その教育論が絶対に正しいと思い込んでいる人もいます。自分が正しいと思い込んでいるので、周囲に教育について相談をしません。
なので、もし、その教育論が間違っていたとすると、教育ママは間違った教育方法を続けることになります。どこかのタイミングで教育方法の間違いに気が付いても、すでに手遅れのような状態になってしまいます。

◆教育ママの心理
心配性な人や、親が教育ママだった、放任主義な親だったので子供には質の良い教育を受けさせたいと思う人が、教育ママになる可能性が高いです。
特に親が放任主義で、兄妹と比べられて育った人は、自分の子供にだけは質の良い教育を受けさせて、礼儀がきちんとできる子供に育ってほしいと思う傾向が強いです。これらが原因となって教育ママにはいろいろな心理が働くようになります。

◆干渉しすぎる
教育ママに働く心理はいくつかありますが、代表的なのは子供のことを心配しすぎることによって起こす行動です。教育ママは子供のことを心配しすぎるがあまり、子供に干渉しすぎることがあります。ちゃんと言ったことができているか?、勉強をサボらずにしているか?、どこで誰と何をしているのか?など、子供の行動に口出ししすぎたりします。
子供のことが心配なのはわかりますが、ある程度は子供のことを信用してあげないと、自主性が育ちません。子供といえど、1人の人間なので、距離感は大事にしましょう。

◆子供に起こる弊害
子供が意図しない事は無理にさせると逆効果となってしまいます。大人でも嫌々することはストレスを感じてしまいます。子供であればそのストレスに耐えきれないこともあります。子供が親から教育によるストレスを受け続けると、常に大人の顔色を伺うようになってしまったり、自分の意見が言えなくなってしまったり、決められたことしかできなくなってしまったり、親がいないと何もできないなどの弊害が出てしまうこともあります。
子供に習い事をさせるときには、親が押し付けるのではなく、子供自身の考えで習い事を始めることが重要です。
(以下略)
-----------------------------

 

 

 

匿名希望