親の言葉遣いが、子どもの成績を決めている

親の言葉遣いが、子どもの成績を決めている
「言葉による暗示」のとてつもない力
リンクより抜粋
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

【成績の悪い子ほど口癖になっている「マイナス発言」】

塾で生徒を指導していて、日頃とても気になることがあります。それは、成績の悪い生徒ほどマイナスの言葉を使っているということです。

「自分はバカだから」「私は記憶力が悪い」「勉強は嫌い!」「やりたくない」「うざい」「むかつく」「かったるい」「算数は苦手」「本は嫌い」などなど、これらの言葉が日常会話に自然と盛り込まれています。

このような発言をする生徒は、マイナス発言が長年の口癖になってしまっているため、「そんなことを言わずにやれ!」とか、「頑張れ!」といった精神論的な励ましの言葉をかけても、なかなか変わることはありません。そして怖いことに、「繰り返された言葉はそのとおりに実現される」という原則(繰り返しの法則)があるため、そのような生徒はいくら勉強しても学力が身につくことはありえないのです。

たとえば、「私は英語が苦手だ!」といつも発言していたら、いつしか英語が苦手な人物のように振る舞うようになり、やがて英語から遠ざかるような行動を起こします。たとえ勉強しているように見えても、心が拒絶しているので、ただの時間の浪費になってしまいます。言葉は行動を駆り立てる非常に強力なツールであり、いい方向で使っていれば大きな効果を発揮しますが、悪い方向へ使ってしまうと、破壊的な悲劇を生んでしまいます。

言葉が招く、笑えないエピソードがあります。

「Aさんがある日、会社に出社したとき、同僚のBさんから『Aさん、今日顔色悪いけど大丈夫?』と言われました。Aさんは『別に体調悪くないけど』と答えます。次に、Cさんが別の場所でAさんに『Aさん今日、体調悪そうだけど大丈夫?』と声をかけます。Aさんは先ほどBさんから似たようなことを言われたので、もしかしたら自分は調子が悪いのかと思い、『そう見える?そういえば、体調はよくないかもしれないね』と答えます。

そして、ダメ押しで上司のDさんが登場します。AさんはDさんに『大丈夫か?熱でもあるんじゃないか?』と言われ、Aさんは、確実に自分は体調が悪いと錯覚し、早退してしまったということです」

これはある心理学的実験として行われたようですが、意図的に行ったとしたら大変な問題を引き起こしますね。しかし無意識の形では、日常でも結構、行われているように感じます。

【親が使う言葉を子どもも使ってしまう】

マイナスレベルが深い子はなぜそんなに深いのだろうかと思っていたところ、驚くことがありました。それは保護者面談をしていたときでした。
(中略)
保護者面談をしていると、話し方やしぐさ、言葉の種類や価値観が親子でよく似ているなという印象を持つことがよくあります。特に、子どもが普段使っている言葉の種類は、親御さんが使っている言葉の種類と同じということがわかったのです。子どもが「私は勉強が苦手だから」と言っているとき、その親御さんも家庭で「あなたは勉強が苦手だから」と言っていることが実に多いのです。

さらに勉強ができない子の中には、小さい頃から、親に「お前は、勉強は無理」「頭が悪い」「お前はバカだ」「鈍い」「のろま」など否定的な言葉を言われ続けてきた子もいました。親は何気なくこのような言葉を使っているのでしょうが、多感な時期に強烈な刺激となって子どもの心に突き刺さっているということに、気づいていなかったようです。

私たちは日頃、言葉を無意識に使っていますが、少し意識して使うだけでも違いますし、何よりも発している本人の行動が変わってきます。ポジティブな言葉を発するたびに、本人の耳に入っているためです。私は、自分も含め、人を指導する立場にある人には、いつも次のように語っています。

「人の心や体を傷つけたり、人の道に反したりした場合は、徹底してしからなければなりません。しかし、日頃は人を元気にさせる言葉、勇気を与える言葉をかける癖をつけるようにしましょう。希望があるかないかで、人は変わります」

ご家庭においても、参考にしていただければ幸いです。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
引用以上

 

 

 

 

華里